» 2015 » 9月のブログ記事

DSC019289月24日(木)愛知県畜産総合センターで、全共に出品する牛の最終選考会が開催されました。

小雨が降る中での開催になってしまいましたが、出品者はそれぞれ自慢の牛を審査委員長に向けてアピールしていました。

最終選考会選考会の結果、13頭の出品牛が決定しました!

本番までの一か月間、出品者の皆さんには飼養管理に気をつけていただき、この13頭すべてが北海道へ渡ることができるといいなと思います。

全共を成功させられるよう、関係者一同がんばりますので、応援よろしくお願いします!!

 

第14回全日本ホルスタイン共進会北海道大会ホームページ

 

センター1北海道で開催される全日本ホルスタイン共進会の日がいよいよ近づいてきました!

そこで8月24~27日の4日間、全共に出品する牛の選考会の2次巡回が行われ、関係者が県内の牛舎をまわりました。

最終選考会が月末に行われるため、今回の巡回では最終選考会に来てもらう牛を選びます。

そして、最終選考会で選ばれた13頭が愛知県代表として海を渡り北海道へ向かうことになります!

巡回写真2今回選ばれた牛が最終選考会で代表に選ばれたとしても、この夏の暑さのせいで今後体調を壊したり、分娩後に乳房が期待していた形にならなかったりして出場できないこともあります。酪農家さんは本番までずっと牛の調子を気にしていなければならないのでとても大変ですが、関係者全員が一丸となってがんばっていきましょう!!

 

愛知県ホルスタイン改良同志会では毎年、牛の毛刈り講習会を開催しています。

今年は9月2日(水)に愛知県立農業大学校で開催され、同志会メンバーに教わりながら農大生が毛刈りにチャレンジしました。

毛刈りは共進会のためという目的だけでなく、牛の暑熱対策にも役立ちます。

10月に北海道で開催される全日本ホルスタイン共進会では農大生も何人かスタッフとして参加予定のため、今回の講習会は酪農家さんと農大生が顔なじみになる良い機会でもあります。

また、他県では農業高校生が共進会などに積極的に参加して結果を出しているので、愛知の酪農の未来を背負う若者たちにも、もっと頑張ってもらいたいという思いもあります。

毛刈り

生徒さんたちは初めてのことだらけで苦戦していましたが、同志会の皆さんに丁寧に教えてもらい何とかやり遂げ、講習会は無事に終了しました。

この経験を生かして、北海道全共や3月開催の愛知県B&Wショウで活躍してくれることを願っています!

 

8月28日(金)、東海農政局主催の「教育ファームスタディ」という研修会が名古屋で開催されました。

教育ファームとは、自然の恩恵や食に関わる人々の活動を一般の人たちに伝え、食や農林水産業への理解を深める取り組みです。

この中で教育ファーム実践団体によるポスターセッションが行われ、愛知県酪も発表を行いました。

愛知県酪の発表内容↓(クリックすると拡大します)

県酪ポスター

県酪ポスター2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミセスHカップさんも出張してきました(^^)

今回の研修会では他の団体の取り組みも勉強させてもらうことができたので

これからの教育ファーム活動の参考にできたらいいなと思います。

DSC01011