7月31日(金)、東京の自由民主党本部へ全国から約1000名の酪農関係者が結集し、日本酪農危機突破 総決起大会が開催されました。

image4愛知県からは18名の役職員が参加しました!

大会は「第1次産業なくして、国益なし!重要5品目の絶対遵守!」の言葉で始まり、国会議員の方からはTPP交渉について最後まであきらめずダメなものはダメと言い続けることを約束していただきました。

会場には地元選出の鈴木淳司議員や今枝宗一郎議員が応援にかけつけて下さいました。

 

大会後、愛知県メンバーは「デモ行進班」と「地元国会議員への要請班」に分かれて活動しました。

image3

デモ行進班は、炎天下の中「TPPでは国産牛乳・乳製品を守ろう!」「安心安全な国産牛乳・乳製品をもっと食べよう!」などと訴えながら都内を行進しました。

 IMG_3003↑根本幸典議員に要請書を渡すメンバー★

要請班は、地元選出議員9名に対して要請書を渡し、陳情を行いました。

その中でも伊藤忠彦議員・青山周平議員・根本幸典議員には直接面談し、酪農のおかれている状況を説明し支援を求めました。

 

国会議員や一般の皆さんに酪農家の思いが伝わることを願っています!!

コメント & トラックバック

まだコメントはありません。

コメントする