クリックすると拡大します

クリックすると拡大します。

みなさんが、毎日何気なく飲んでいる牛乳。

それは、工業製品ではありません。
「そんなこと、当り前さ」と言われそうですが、
実は岐阜県内の酪農家(原乳を生産している農家)が、
毎日真心を込めて生産しているものなのです。

県内には、こんなにたくさんの種類があります。
牛乳は白色で、どれも同じに見えますが、
その一滴、一滴に
酪農家の気持ちが込められています。

時にはそんなこと考えて飲んでみてください。


岐阜県乳業メーカー一覧

(会社の名前をクリックするとそのページに飛びます。)

 

 

東海酪連のブログに戻るには下記をクリックしてください。

東海酪連

飼料等動向について

全国酪農業協同組合連合会

ミルクレシピについて

Jミルク

岐阜県の畜産について

岐阜県畜産協会

3/15(火)

新型コロナの治療などにあたっている医療従事者の皆さんの支援のため、岐阜県酪連はJA岐阜厚生連に牛乳2万本を贈呈しました。P1040319P1040327

2/17(木)

新型コロナの影響により牛乳消費が低迷しているため、JA全農により牛乳をたっぷり使用したミルクティーが開発、販売されました。

岐阜県酪連は、NPO法人フードバンクぎふにミルクティー約2,000本を寄付しました。DSC_0580

岐阜県酪連は21日に、JA岐阜厚生連に牛乳1万パックを贈呈しました。

IMG_0876

新型コロナウイルスの感染拡大は収束する状況になく、今後の社会・経済への影響は見通せない状況にあるなかで、全国の生乳生産は増産傾向にありますが、需要としては業務用需要の低迷が続いており、脱脂粉乳・バター在庫の積み増しが進んでいます。年末年始には国内での加工処理能力を超えた生乳が発生する可能性が懸念されます。

こうした状況を踏まえ、社会情勢及び生乳不需要期における需給の状況に対応することが日本の酪農への理解、生乳の消費拡大につながるものと考えました。

ついては、医療従事者の支援をするとともに、生産者の乳価を守り飲用促進につながればと思い今回の贈呈になりました。

もう一杯、牛乳を飲もう!

7/28

岐阜市もえぎの里にて「地産地消レシピコンテスト」最終審査が行われました。

最優秀賞の他に、ミールキット賞やミルクレシピ賞もあり、ミルクレシピ賞には「枝豆とにんじんのバスク風チーズケーキ」が選ばれました。DSC_0151DSC_0152

7/8、7/13

羽島市の大井牧場にて、酪農教育ファーム活動が行われました。

今回は岐阜大学教育学部附属小中学校の5年生を受け入れ、エサやりや牛とのふれあいを体験してもらいました。IMG_3802IMG_3823IMG_3972IMG_3914IMG_3986IMG_4016IMG_4134IMG_4227IMG_4276IMG_4293DSC_0355

4/24(土)

協同組合間提携推進協議会の地域清掃活動に参加し、岐阜公園と金華山の清掃を行いました。IMG20210424080541IMG20210424105556

12/14(月)

岐阜県酪連は、第20回岐阜県知事選挙において古田肇知事を推薦することになりましたので、推薦状をお渡ししました。

DSC_0001_BURST20201214094011133DSC_0217 (2)修正

6/8

新型コロナウイルス感染症の拡大に対して、最前線で尽力されている医療従事者の皆様の支援のため、岐阜県総合医療センターを訪問し、牛乳を贈呈しました。DSC_0830DSC_0834

 

5/19(火)

新型コロナウイルス感染症の拡大は若干落ち着きを見せたものの、社会全体に大きな影響を及ぼしており、生活様式の変化を強いられております。

一方で、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う、休校による学校給食用牛乳の停止により、処理能力を超えた生乳が発生することが懸念されております。

こうした状況を踏まえ、社会の課題に即して、酪農業界としても早急に対応する必要があり、それにより酪農への理解者や応援者の獲得及び生乳の消費拡大につながると考えております。

そこで、県酪連は牛乳等緊急対策事業(中央酪農会議)の一環として、新型コロナウイルス感染対策に携わるJA岐阜厚生連の医療従事者の支援のため、牛乳1万本の贈呈を行いました。

DSC_0800DSC_0814

banner02

(画像クリックで全文表示されます)